時の空気

個人での移動は、荷物が多い場合や路線がない場合を別にして、できるだけ車での移動よりも公共交通機関を使うようにしています。

車での移動はとても便利。

でも電車やバスには数多くの気づきのヒントが見え隠れしています。

 

 

例えば、乗客。

年齢層だったり、その人たちの服装だったり、

込み具合だったり、どの駅で降りるかだったり。

 

そして、広告。

どんな内容か、どんなデザインか、どんな文言が踊っているか、広告の埋まり具合は?

中刷り広告の見出しで、誰が巷をにぎわせているのかを知ることもできます。

 

また、車窓から見えてくる景色から何かのヒントを得ることもあります。

 

これらから何を感じ取られるか?

 

電車やバスで移動していて改めて思うこと。

それは

人が時代を作っているということ。

 

公共交通機関での移動で「時の空気」を感じることができます。

 


ブランドプランナー スマイルスミス

あなたのスキ を みんなのステキ! に!

商品・サービス・店舗・企業・街をブランドにします