SNSがあればHPは不要?

先日、嬉しい報告をいただきました。

ホームページのアドバイスをおこなった方から

「ホームページがきっかけで新規の大口受注をいただいた」とのことでした。

 

その方のクライアントになった企業様が、ある地域に進出することになり、食品関係を発注できる業者を探されていた時に目にされたのが、そのホームページ。

以前のものは、熱意を持って始められた事業にもかかわらず、それが伝わりにくいものでした。このため、ストーリー性やミッションを全面に打ち出した内容に変更したほか、検索上位に上がりやすい仕掛け、レイアウトや使用画像等も具体的に助言させていただきました。

そして、企業様が内容に感銘を受けてくださり、受注につながったとのことです。

 

 

巷にはホームページ不要論もあり、ホームページの代わりにフェイスブックなどを活用している店舗が多いのも事実です。

 

しかしホームページとフェイスブックは、根本的に違う性格のもので、代用できないと考えています。

まず、ホームページとフェイスブックは「魅せ方」「情報の流れ方」が全く違います。

特に志を持った店舗や事業で、フェイスブックで代用しているケースを目にすると「なんて勿体ない」と、とても残念に思います。

先述の方もフェイスブックしか活用していなかったり、ホームページがこれまでのものだったら、受注はなかったかもしれません。

 

ホームページもフェイスブックもそれぞれ特長があり、使い分けがとても大切なのです。

 


ブランドプランナー スマイルスミス

あなたのスキ を みんなのステキ! に!

商品・サービス・店舗・企業・街をブランドにします


カテゴリーwork